本場四川へのこだわり

ホーム > 本場四川へのこだわり

本場四川へのこだわり

  • 担担麺の歴史

    当店がこだわる担担麺の歴史

    中国の担担麺は1841年ころに、四川省自貢の陳包包(チェン・パオパオ)と言うあだ名の男が考案して、成都の街を売り歩いたと言われます。
    担担麺の「担」は「担ぐ」という意味で、天秤棒を使って担ぎ、売り歩いたためにこの名がついたのです。
    本場中国では汁ありの「担担麺」は存在せず、日本で作られたものが汁アリの「坦々麺」となった経緯があります。

    当店の担担麺は陳包包さんのレシピを忠実に再現して
    お客様にご提供しております。
    本場中国の担担麺を是非ご賞味ください。

  • 当店の醤

    当店の醤(ジャン)

    陳包包(チェン・パオパオ)のレシピを忠実に再現し、特製醤としてお客様に提供しております。
    当店は陳包包の流れを汲む店に、「この味を日本でも広めたい」と、何度も熱意を伝えた結果、秘伝のレシピを受け継ぐことができました。

当店の麺
  • 当店の麺

    麺はもちもち感を出し、醤が絡みやすいように
    オリジナルの特製平打ち面(蜀康麺)に仕上げました。

  • 当店の辣油(ラー油)

    中国最高級と言われる四川の「朝天唐辛子」を使用し、辛みと香りを引き出した自家製辣油です。